同人誌の表紙を作ろう!業者に依頼するメリットとは?

MENU

特徴と種類を知ろう

冊子

強度があります

2軸延伸ポリプロピレンと言うと聞きなれないと感じる方は少なくありません。しかし、OPP袋と言うとなじみ深い方もいるでしょう。この袋は透明になっており、ポリプロピレンを縦横に引き伸ばしたものになります。そのため強度が強く、なかなか伸びません。また、防湿性が高くて湿度が高くなっても強度の強さは変わりません。OPP袋は印刷インクとの相性も良くてスーパーやコンビニでの包装にも適しています。このOPP袋には種類があります。基本的によく見かけるものは、サイドシールタイプとテープ付きタイプの2種類です。サイドシールタイプは1枚のOPP袋を二つ折りにした形状のもので最もオーソドックスなタイプです。別名として「平袋」とよばれることもあります。一方のテープ付きタイプとは、サイドシールタイプの袋の口にテープが付いているものです。洋服を入れるときによく用いられていて、中に物を入れたあとに口を閉じることができます。テープは何回か開閉しても使用できるテープです。他にも、商品を陳列棚に吊り下げられるヘッダーが付いているものや、化粧品やアクセサリーを入れるのに向いているマチ付きのものなどもあります。ちなみに、OPP袋とよく誤解されるものとしてCPP袋があります。これは正式名称を無延伸ポリプロピレンといい、OPP袋と同じように丈夫で裂けにくい透明の袋です。見た目では両者の区別は難しいですが、引っ張ってみると一目瞭然です。CPPは引っ張ったら伸びるのです。

CMYK

主婦に人気の名前グッズ

若い主婦の間で人気なのが名前シールです。子供が幼稚園や小学校に上がると、全ての持ち物に名前を書く必要があります。名前シールがあれば貼るだけでいいので便利です。自作するよりネット印刷を利用すれば安くてきれいな名前シールができます。ホームページにフォーマットがあるので、必要事項を入力するだけです。

冊子

特徴と種類を知ろう

OPP袋には強度が高くて伸びにくいという特徴があります。印刷インクとの相性も良いので小売店でよく使われています。種類はオーソドックスなサイドシールタイプ、テープ付きタイプ、ヘッダー付きタイプ、マチ付きのものなどがあります。

プリント

同人小説作成のために

同人誌小説の表紙を用意する方法で、手間を掛けずに素敵な表紙を用意できる手段は、コストは掛かりますが同人誌の装丁依頼を受けているデザイナーや印刷会社に依頼することが最も適しています。多少面倒でも低コストを重視したい場合は著作権フリーの素材を活用して自力で作ることをお勧めします。

袋

紛失や入れ替わりを防止

名前シールは、名前の記入が難しい素材のアイテムにも貼ることができます。しかも印刷会社に依頼すれば、名前や会社名やロゴマークなどをプリントした、特徴的な名前シールを作ってもらえます。インターネットで手軽に注文できますし、利用することで持ち物の紛失や入れ替わりを防止しやすくなります。